お電話でのお問い合わせ お電話での
お問い合わせ
お問い合わせ お問い合わせ 資料請求 資料請求 アフターフォロー アフターフォロー

Interviewマルリョウの匠

溝上 浩也

高い品質を
担保する、
しっかりした基礎

リニューアル部

溝上 浩也Hiroya Mizokami

前職は営業。そこからマルリョウで現場監督を務める溝上さん。知識を学び、経験を積んだことも大切だったけれど、何より「聞ける雰囲気があったから、馴染みやすかった」と話します。

「価値あるものを提供する」を体現する

当社の理念は「価値あるものを提供する」。「価値」には、色々なもの、ことが含まれていると思います。例えば、職人さんが培ってきた伝統の技術もそうだし、新しい施工方法もそう。私は「お客様に喜んでいただけること」と捉えています。

当社では、大規模修繕を担当させていただいたマンションさんに、ごみの回収をサービスで行っているのですが、以前、かなり大きなL字型のソファの処分を依頼されたことがありました。もちろん、引き受けて、解体して処分しましたよ。逆にお客様の方がびっくりされてましたけどね。「外装工事の会社なのに、そこまでやってくれるの?」って(笑)。

これは会社の理念でもあり、社長のスタンスでもあると思います。工事で迷惑をお掛けする分、色々な形で住民の皆さんにお返しする。言い換えれば、それこそが価値あるものを提供する、ということなのかなと思います。

良い仕事には、基礎が欠かせない

以前は営業の仕事をしていたので、建築は未経験でした。最初は自分でももちろん勉強しましたが、ありがたかったのは、わからないことを聞ける雰囲気があったことですね。職人さんに頭を下げて教えてもらったり、社長に質問したりできたからこそ、知識と経験を積み重ねていくことが出来ました。

今までの仕事で一番印象に残っているのは、入社一年目に担当した現場ですね。かなり大きめの現場だったので、当時の私はまだ全貌が分かっていなかったので、色々調べて、教えてもらって、細かいところまできっちり施工管理を行いました。

でもそのおかげで、「他のどのマンションよりも良い!」と、お客様に喜んでいただけたんです。喜んでいただけたのも嬉しかったですし、自分の中で、品質を確保するためには、やはり基礎が大切なんだなと実感できたことも大きかったですね。

溝上 浩也

色々な人が活躍できる会社

マルリョウは、新入社員や建築業界未経験の方でも、馴染みやすい会社だと思います。分からないことは周りの人に聞けるし、長年職人をしてきた社長にも質問できる。その上で、やればやるだけ知識と経験が増えていく。

もちろん、建築という分野は基礎やルールを知っておく必要がありますが、社長がフットワーク軽く、色々教えてくれる会社なので、会社全体の雰囲気が質問しやすい感じになっていると思いますね。だから、時々私を飛び越えて、若手社員から社長に直接質問が行くこともありますよ(笑)。それはそれですごく良いんですけど、ちょっと複雑な心境というか(笑)。

特にマルリョウのように、大規模修繕を直接お客様から受注する場合、他業種で培ってきた経験は生きると私は思うんです。なぜなら、この仕事は建築の知識や経験はもちろん重要ですが、それと同じか、ひょっとするとそれ以上に人とのコミュニケーションがモノを言う仕事。色々な経験を持った方が活躍できる会社じゃないかなと思っています。

Contact無料見積もり・ご相談

無料見積・相談フォーム 0120-500-131

8:00-18:00 (土日不可)
繋がらない場合は03-5929-7783

Contact総合窓口

お問い合わせフォーム 0120-500-131

8:00-18:00 (土日不可)
繋がらない場合は03-5929-7783